電験三種資格 通信講座ユーキャンで試験合格

電験三種資格を取得するために
電験三種試験合格のための勉強法
口コミ評価の高いオススメの本
科目別攻略ポイント
通信講座で資格を取るなら
サブメニュー
お勧めリンク
■通信講座のメリット・デメリット

近年、電力の重要性が高まっている中で有力な資格として電験の人気が高くなっています。
特に、電験三種は電験の入門として受験する人が増えているそうです。

 

電験三種の国家試験を受験するための勉強方法は様々ありますが、現在仕事を持っている人などは、通信講座などを上手に利用して、受験に備える場合が多いようです。

 

通信講座のメリットとしては、参考書や問題集を自分で探す必要がなく適確なテキストで学習出来ること、定期的な提出物や配布物があるので、モチベーションが比較的安定する、勉強の計画が立て易い、などがあると思います。

 

逆にデメリットとしては、疑問点などが生じた場合、タイムリーに教えてもらえる環境が少ないことが挙げられます。
最近では、受講中に数回質問出来る制度のある通信講座も増えて来ましたが、それでも返信には時間が掛かりますので、自分で調べることが多いようです。



■通学講座のメリット・デメリット

電験三種の資格を取得するために、国家試験受験のための予備校などに通学して勉強しようと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

通学講座のメリットとしては、やはり勉強する時間が決まっており、集中的に学習することが出来ることはではないでしょうか。また、疑問点や判らないことがあってもすぐに講師などに質問出来、解決が早いこともあります。

また、同じ国家試験を目指す受験生が回りに沢山いることで、刺激も受けますし、仲間も増え、情報交換などが出来ることもメリットと言えそうです。

 

デメリットとしては、国家試験の受験勉強の方法の中では、一番費用が掛かることではないでしょうか。
また、学校が近所ではない場合、通学時間や更に交通費なども余分に掛かるので、時間も費用もマイナス要因となります。


Copyrightc 2008 denkennsyutoku.org
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。